せどりと転売の違い

せどりはネット副業の中でも有名ですが、転売と同様だと思われる方も多いです。しかし、実際には仕組みが異なり、せどりは良いイメージがありますが転売は逆になります。基本的に、両者の目的は安く仕入れ高く売ることで利益を確保しますが、イメージが異なるため事前にきちんと理解してから始めたいものです。

せどりは通販などで商品を安く仕入れ、それよりも高く売って差額で利益を出します。しかし、相手に売るときは市場価値を確かめて値段を付けないと失敗し、モノレートで確認してから決めることが大事です。差額はそれほど大きくなく薄利多売になるイメージですが、いかに価格差を広げるようにするかがポイントになります。
一方の転売は希少価値があり売れ筋の商品を買い占め、必要な人に高額で売りさばき利益が高くなります。このため、この道のプロと呼ばれるダフ屋は悪いイメージがあり、関わらないように呼びかけています。また、転売は転売ヤーという言葉が生み出されるなどヤクザが絡んでいることが多く、組織ぐるみで行われるためどうしてもネガティブなイメージがつきまとうものです。

以上のように、せどりと転売は目的自体は同じですが、手法や与えるイメージは大きく異なります。基本的に、チケットは転売で取り扱われやすく、中には偽物も出回っているため正規のルートで購入しないといざという時に無効になり注意が必要です。せどりは自宅でインターネットで相手との取引を行い、トラブルに巻き込まれずに安心して取引ができます。このため、主婦やサラリーマンなど限られた時間の中ででき、購入希望者がいればすぐに現金を手に入れることも可能です。

せどりは転売とまったく異なり、違法性がないため経験をとおしてコツをつかむと小遣い稼ぎができます。最初はなかなか売れなくて在庫を抱えて悩むものですが、根気強く続けるようにすればそのうち結果が出てくるものです。商品の選び方は需要が高いものは売れやすく、事前に最新のトレンドを確かめて決めるとチャンスを生かせます。せどりは転売と同じように考えるとネガティブなイメージになりますが、固定観念を払拭して正しいやり方を覚えると効果的です。ネット副業はさまざまな手法がありますが、せどりはショッピングが趣味であれば慣れやすく経験を積むと効率良く稼ぎやすくなります。せどりを始めるなら仕組みを確かめ、商品に関する知識や需要などを分析すると成功しやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*